• ホーム
  • バイアグラ服用で皮膚細胞に影響があるのか

バイアグラ服用で皮膚細胞に影響があるのか

2019年08月11日

研究によるとバイアグラを服用することで、皮膚細胞に影響を与えることがわかりました。
日焼けによる皮膚がんに影響を与えるメラノーマの発症率が上がることがわかりました。
バイアグラを服用している人とそうではない人に対して有意差が認められたようです。
勃起を元に戻す酵素が阻害することで、勃起を保つ医薬品がED治療薬になりますが、その酵素がメラニン合成に影響を与えることがわかりました。
あくまでも確率が高くなるということであり、発症率の差は危惧するレベルではありませんので、過剰に反応をするものではありませんが、バイアグラを服用している方は、日焼けによる皮膚細胞の変形を注視しておくと良いでしょう。

バイアグラを服用する場合、主にクリニックで処方されるケースが多いです。
しかしこの場合、医療費が高くなるのがデメリットです。
命に関係する病気ではないということで保険を使うことができません。
EDは他の病気の治療によって服用する、もしくは外科的手術によって発症することもあることから、そのような患者さんにとっては理不尽に思うでしょう。
しかしその医療費を抑える購入方法があります。

その方法は個人輸入代行業者を利用することです。
この方法ですとクリニックよりも安く購入することができます。
またバイアグラ以外のED治療薬と同成分で同効果を認めるジェネリック薬品も販売していますので、まだ医療費を抑えることができるでしょう。
お子様がいる家庭であれば、ED治療に掛かる医療費を教育費に回すこともできます。
しかし服用する場合は、本当に自分がED治療薬を使用しても良い体なのかをはっきりとするために、まずはクリニックで診察を受けてから個人輸入代行業者を利用しましょう。

関連記事
バイアグラは腎臓病の人にとっては危険!

人工透析を受けている男性のうち半数以上が、ED(勃起障害)を発症していると言われています。加齢によりパーセンテージは高くなり、60代の男性透析患者では80%近くがEDも併発していることが報告されています。腎臓病の中でも、腎臓の障害が3ヶ月以上継続していると慢性腎臓病(CKD)に分類されます。CKDが

2019年10月09日
バイアグラで脳出血を起こし手術室に運ばれることも

バイアグラは心疾患や脳疾患がある方は負担がかかりやすい医薬品ですので、服用する際は必ず主治医に相談してください。バイアグラによって副作用が起き、心臓の発作や脳出血といった症状で手術室に運ばれたという重篤な副作用が起きたことも報告されています。特に心臓に関する病気を患い、硝酸剤などを服用している方は絶

2019年09月09日
勃起薬・ED治療薬・興奮剤サプリ…併用していいものは?

現在様々な興奮剤サプリや勃起薬、ED治療薬が開発され、販売されています。これまではこういったものを購入することに抵抗があるという意見や、購入したいけれどもそのことを知られることが恥ずかしいといった理由で購入を諦めている人もいました。しかし現在はインターネットを利用した通販でこういったものを購入するこ

2019年07月16日
どうして処方薬は食後に服用するものが多いの?

処方薬等の薬は、私達が元気に毎日を過ごしていく上で、欠かすの事の出来ない大切な存在です。腹痛や風等の身近な症状の改善から、命に関わるような疾患の治療まで、薬は様々な場面で活用されています。薬は持っている効果を最大限に発揮するために、細かく用法や用量が決められています。私達はその方法をきちんと守る事で

2019年06月28日
空腹時に飲んではいけない医薬品とは

空腹時の服用禁止の医薬品として、解熱・鎮痛剤があげられます。空腹時に服用し続けると、胃の粘膜を傷つけてしまうほか、脳や臓器が正常に機能しなくなる場合も時としてあります。解熱・鎮痛剤を食後に服用すると、胃の中に食べ物が残っているため、胃壁に対する薬の影響が少なくなります。服用時に水またはお湯で飲む方が

2019年06月02日
空腹によって効果が増す医薬品

医薬品は種類ごとに用法用量が定められています。これを守ることによって医薬品の効果をより効果的に引き出すことが出来る他、安全に使用できるようになっています。空腹時に服用する、という規定がある医薬品はそれほど多くないと言えます。というのも基本的に医薬品というのは口から服用して胃などでその成分を吸収し効能

2019年05月02日
薬を空腹時に飲むと副作用が増す?

痛みを取る薬で代表的な物と言えば、鎮痛剤や頭痛薬があります。鎮痛剤や頭痛薬は、痛みの元となる物質の生成を抑え痛みを鎮めていきますが、この物質の生成が抑えられる事で、胃粘液の分泌も抑えられます。これは鎮痛剤や頭痛薬に起こりやすい、代表的な副作用である胃腸障害です。通常胃壁を胃酸から守っている粘液が減少

2019年05月14日